オートタウン犬山 一宮千秋店 【第一展示場】に戻る オートタウン犬山 一宮千秋店 【第二展示場】に戻る
ホームへ戻る 一宮千秋店の在庫一覧 お客様の声 スタッフ紹介  
一宮千秋店の在庫一覧
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2020年07月01日

道路交通法と自動車運転死傷行為処罰法が改正

昨日2020.6.30

2017年に起きた東名高速道路のあおり運転に起因して道路交通法と自動車運転死傷行為処罰法が改正されました。

これまで明確な定義がなかった「あおり運転」が、悪質な道交法違反=「妨害運転」行為として新たに規定され、罰則も最高で5年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。

なお、妨害運転は1回違反するだけで免許取消処分を受けることになり、職業ドライバーであればすぐに仕事を失うことになります。

●通行区分違反(対向車線の逆走等)

●車間距離を詰める

●急ブレーキをかける

不必要なクラクション

急な進路変更(割込み)

●ハイビーム威嚇の継続

●乱暴な追越し、左からの危険な追越し

●幅寄せや蛇行運転

●高速道路での最低速度違反

●高速道路での駐停車 等


以上のような項目が対象となります。

2AC598F7-32C6-4833-846E-C716C2C22F97.jpegAA0B691E-C70D-4E08-9B7F-22FA7F737A61.jpeg

D6D997E8-D20B-491F-B943-94EDE98FBE51.jpeg2488B13F-98F3-4FA2-A2F0-ECA13ED8F5BB.jpeg



また
自転車の危険運転も対象となります。

これまでの道交法では、自転車の信号無視、酒酔い運転、遮断踏切立ち入りなどの14項目が危険行為として規定されていた。今回の改正道交法施行令では、この危険行為の中にあおり運転に当たる「妨害運転」が新しく規定されて15番目の摘発事由となる。自転車の危険行為15項目は以下の通り。

【自転車の危険行為】
1.信号無視
2.遮断踏切立ち入り
3.指定場所一時不停止等
4.歩道通行時の通行方法違反
5.制動装置不良自転車運転
6.酒酔い運転
7.通行禁止違反
8.歩行者用道路における車両義務違反
9.通行区分違反
10.路側帯通行時の歩行者通行妨害
11.交差点安全進行義務違反
12.交差点優先者妨害等
13.環状交差点安全進行義務違反等
14.安全運転義務違反
★15.妨害運転

妨害運転とは、逆走して進路をふさぐ、幅寄せ、不必要な急ブレーキ、ベルを執拗に鳴らすなどの7つ。いずれの場合も自転車やバイク、自動車など、他車の走行を妨げる目的で行うと違反行為とみなされる。例えば、車道の左端を走る自転車が背後から追い抜いてくるクルマに向かって幅寄せをしたり、急な進路変更をする場合もこれにあたる可能性がある。また、走行中にベルを執拗に鳴らして、他車をあおったりすることも妨害運転になり得る。

【自転車の妨害運転(あおり運転)】
・逆走して進路をふさぐ
・幅寄せ
・進路変更
・不必要な急ブレーキ
・ベルを執拗に鳴らす
・車間距離の不保持
・追い越し違反


なお、自転車運転者講習制度により、14歳以上の運転者が危険行為を繰り返して、3年以内に2回以上摘発された場合には、安全講習を受講することが義務付けられている。その場合、公安委員会から受講命令書が交付され、指定された場所にて安全講習を受講する必要がある。命令に背いて受講しなかった場合は、5万円以下の罰金が科せられる。

 ちなみに東京都の場合、安全講習は約3時間で、自転車の運転ルールや危険行為に関する学習、交通ルールなどに関わる理解度チェックなどが実施される。受講手数料は6,000円だ。


あおり運転の明確化、厳罰化により安全な社会になると良いですね。

自転車通勤者の山内も気をつけます (`・ω・´)ゞ


もちろん煽りませんが。。。


引用 

https://www.think-sp.com/2020/06/01/kikikani-aori-genbatsuka/

https://jafmate.jp/blog/safety/20200619-20.html

   

posted by 一宮千秋店 at 00:00| 愛知 ☔| スタッフ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする